Skip to content

カードローンを初めて利用してよかったこと

突然の出費で困っていた時にカードローンを知りました。
私は現在、専業主婦で主人の収入しか無いので審査は通らないと思いましたが取り敢えず調べてみました。
すると、銀行のカードローンは消費者金融ではないと知りまた、専業主婦でも配偶者にある程度の収入があると利用限度はひくいものの借り入れ可能、審査結果が早いと知りました。

平日の夕方にネットで申し込み翌日の午前中には本人確認の為、自宅に連絡がありました。
その時に審査結果を知らされ、すぐにカードを郵送か店舗受け取りの話まですすみました。
利用限度が低い為、必要書類は運転免許だけでいいのですが私の場合は口座を持っていたので何も要りませんでした。
本来、免許のコピーを送付かFAXと手間がかかりますがその分省けました。

通帳に振込もしていただけるとのことでいたが私は郵送でカードを届くのを待ちました。
返済も6千円程度で利用しやすいと思います。もっと早く知ればよかったです。

カードは人生のパートナーです。
このネット社会では、カードを上手く使えるかどうかは大問題です。
車やパソコンなど大きい買い物やカードでしか申し込みできない通信の契約など少なく無いと思います。
また突然の冠婚葬祭で入り用になることも考えられます。

注意したいのは、利用した際の支払いです。
何にいくらではなく、どれくらいをどのように払っていくかの計画的思考が必要。
これを間違うといつ、いくら支払い、いつまで支払いが続くのか、わからないままの支払い地獄が始まります。

最近はパソコンだけだったのに、車のローンも加わり気づくとカードの支払いにアップアップということだけは避けましょう。
普段から、節約した質素な生活をしてどうしても必要な時のにカードを使ってください!
使う時も1つの支払いが終わってから、次の借り入れにしましょう。

本当は使わないのが、ベストですが、そうも言ってられないこのご時世。
どのように考えどう使うのか、知恵を使って上手く生活すれば、カードは最高のパートナーです!

カードローン検討の優先事項
カードローンのサービスを提供する業者としては主に、銀行と大手の消費者金融があります。
カードローンには違いありませんが、銀行と消費者金融では適用される法律が違うのでそれなりの違いはあります。
銀行と消費者金融のカードローンの違いでは総量規制の対象となるか総量規制の対象外となるかで大きな違いがあります。

銀行では総量規制の対象外となり、消費者金融のカードローンよりも相対的に金利が安い傾向にありますから、カードローンを検討する場合にはまずは銀行のカードローンの利用を優先的にすべきです。
もちろん、銀行のカードローンの審査は消費者金融のカードローンの審査よりも厳しいことも間違いありませんが、それを考慮したとしても銀行のカードローンには優位性があります。

審査に通らなくてはカードローンは利用できませんが、審査に通るのであれば、その中でも最も条件の良いカードローンを選ぶことです。金利が安いことはすべてに優先します。

Published inお財布の助っ人

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です